花粉症に効果的なセルフケアの方法とは

今からでもできる花粉症のセルフケア

>

人によっては一年中悩まされることも

花粉症とは

花粉症は、スギの木やヒノキ、植物の花粉が原因で出てきてしまうアレルギー症状です。
日本人の約25%、4人に一人が花粉症と言われています。
日本では約60種類の植物がアレルギーの原因と言われており、主なアレルゲンとしてスギ、ヒノキ、ブタクサ、シラカバなどがあげられます。
季節性アレルギーと言われるものが花粉症と呼ばれています。
ご存知のように主にくしゃみや鼻水、目の充血、かゆみなどが症状となっております。
メカニズムとしては、鼻の粘膜に花粉が付きアレルゲンが肥満細胞という細胞にくっついてしまい、またそのような原因となっている物質が侵入するとヒスタミンなどが放出されてしまい、鼻水などの症状が出てしまいます。

花粉症になりやすい人

花粉症になりやすい人は、遺伝という点もありますが原因の一つとして食生活にあります。
高齢者に花粉症が少ない理由として、昔はお菓子やインスタント食品が少なく要因になるものが少なかったということが考えられます。
また、不規則な生活やストレスによって自律神経の乱れなども要因の一つと考えられています。
排気ガスの影響も受けていると言われていて、アレルギーなどは排気ガスと一緒に吸い込むことでアレルギー反応が出やすいと考えられています。
こうした中で、様々な環境変化とともに花粉症患者数も増加しつつあるようです。
セルフケアでは、規則正しい生活や食生活を正すことで軽減できる可能性もあります。
都会などに住む方は、マスクをするなどの予防が必要です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る